小物を取り入れて周りと差をつける

Pocket

女性にとって、結婚式や同窓会、または歌舞伎の観劇など、着物のオシャレを楽しんで周りと差を付けたい!と思っている人も多いですよね。
着物は洋服のように、気軽にそうそう買える訳ではありません。同じ着物でも、小物によっては違った雰囲気が楽しめるのです。同じ着物でもいろいろなパターンを楽しめる小物で、周りと差をつけましょう。

◆オシャレな小物で周りと差をつけちゃおう♪
➀草履・バッグ
 草履とバッグは同じ柄を使ったセット物が多いです。この方が、全体的に統一感があり、バランスが整うからです。
 和装用のバッグが無くても大丈夫。ハンドバックや巾着などでも、全体的なバランスが整っていれば可愛い着こなしが楽しめます。
 草履は、普通履いている靴のサイズより、ワンサイズ小さい物を選ぶのがポイントです。足の形が綺麗に見えるのです。また、長時間出歩く場合は、傾斜の少ない物がいいでしょう。

➁襟・帯締め
 重ね襟は、振袖の襟元を華やかに彩ってくれる物です。
 伊達襟。比翼襟とも呼ばれ、着物を二重に見せる役割をしています。色やデザインもライトストーン・パール・フリルをあしらったものなど様々。アクセサリー感覚で選ぶこともできますよ。色を着物と同色や反対色にする、柄を合わせるなどして、個性的に楽しんでください。
 帯締めとは、帯を安定させるために使うもので、振袖を着る際には必要になります。
 ただ固定するだけの紐ではなく、色・素材・デザインの種類が豊富。オシャレを存分に楽しめる部分でもあります。
 スワロフスキーやビーズが付いたもの、コサージュをあしらったものなどオシャレで可愛いデザインがいっぱいあります。
 
 
着物を決めたら、それに合う色々な小物を合わせるのもセンスの見せどころです。
髪飾りやショールなど小物にも種類が豊富にあります。色々と揃えたくなりがちですが、あまりインパクトのあるものを入れ過ぎると、小物同士ケンカになってしまいます。インパクトのある小物ならワンポイントに絞るのがおススメです。