着物のお手入れってどうするの?

Pocket

着物を着た日は、一日中程良い緊張感と、帰宅後の心地良い疲れにホッと一息。
しかし、着物は洋服のように脱いで終わりではありません。脱いだ後のお手入れまでが着物を着るということなのです。
これからご紹介する「自分でできる着物のお手入れ方法」を参考にお手入れも大切に着物を着ましょう。

◆自分でできる!着物のお手入れ方法
着物を脱いだ後、着物ハンガーにかけて風通しの良い日陰に干しましょう。湿気を取り除くことでカビ防止になり、シワも取り除くことができます。帯も同じようにハンガーにかけ、湿気を取りましょう。
扇風機を全体的に当てると、埃が取れやすくなりますよ。
➀汗対策
汗がたくさんついてしまった箇所があれば、霧吹きでシュッと部分的に少し水を含ませ、タオルで叩いておきます。水を含ませ過ぎると生地が縮んでしまうので、あくまで少量の水で行いましょう。
➁シミ、汚れ対策
化粧品やマジック、お茶、コーヒー、お酒、血液、泥などのシミや汚れは自分でできる範囲で早めに応急処置を行うことがポイントです。
➂埃対策
着物をハンガーにかけたら、ブラシで必ず埃を落としましょう。ブラシは、豚毛の着物用やカシミヤ用が向いています。ない場合は、ベルベットやビロードなどの布や化粧用パフなどを使うのもよいでしょう。
➃シワ対策
シワが目立つ場所は、必ず「当て布」をして、生地の裏側からアイロンをかけるのが基本です。ただし、スチームアイロンは生地が縮んでしまうので厳禁です!
また、陰干しをした後で、まだシワが残っているところは、汗がついている可能性があります。その場合は、シワ抜きではなく汗抜きを行っておくことをおススメします。

一通り自分でできる着物のお手入れ方法をご紹介しました。
落とし方の分からない汚れについては、自己判断で対処しようとしないこと。
間違った方法でケアしてしまい、色が抜けてしまったり、返って生地にダメージが加わったりと、取り返しのつかないことにならないように注意しましょう。